4月 24

Studio PAGE昨日、久々の平日休みが取れたので近所のスタジオに入り個人練習してまいりました。
STUDIO PAGE“(スタジオ・ペイジ)、西武池袋線ひばりヶ丘駅の近くです。
オープンから10年以上も頑張っておられるようです。
私は昨年ここの存在を知って会員になりました。

3つのスタジオがあり、オーナーがとても大切に管理しています。
きちんと定期的なメンテナンスも手抜かりなく行われているようです。
西武池袋沿線の方、要チェックです。

あ、このスタジオ名でオーナーの方がツェッペリン・フリークであることがバレバレですね。

Ibanez GB-10この日、持参したギターは約4ヶ月入院していた “Ibanez GB-10” こと、ジョージ・ベンソン・モデルです。
なかなか小ぶりで、取り回しのよいギターです。

シャーウッド・ギターワークショップにて大手術を受けてきた話は私のブログをご参照ください。

さて次回のNG’sのリハには、こいつを持参しようと思っていますが、果たして。。。。。



トラックバックURL : http://www.musiquation.com/ngs/instruments/678.html/trackback

5 Responses to “Studio Page @ ひばりヶ丘”

  1. 大江 公一 Says:

    ここのオーナーさん、服装や髪型も、なんとなくジミー・ペイジしてましたね♪

  2. 斉藤 智喜 Says:

    大学のサークルで同期の○下が、このジョージ・ベンソン・モデルを使っていました。こぶりで弾きやすいんですよね。

  3. 伊藤 正純 Says:

    大江さん、まだジミー・ペイジでしたよ。
    もちろん若いときの。

    斉藤さん、このギターは音を歪ませちゃいけないことが、よーくわかりました。
    NG’sで使えるかな・・・・・。

  4. くどう Says:

    Ibanez GB-10” ジョージ・ベンソン・モデル完全復活ですね!
    それにしても前の写真と比べて随分と奇麗になりましたね。

    今度のリハはこいつですか?
    楽しみです。

  5. 大江公一 Says:

    話はそれちゃうんですけど、先日、NHKの再放送で、遅ればせながら、ツェッペリンの再結成&’79年ネプワースでの「カシミール」ライブ映像を見ましたが、圧巻ですね!特に再結成ライブでのロバート・プラントには、何か「老いて、ますます盛んなり」と言うか、元気を貰いました!

Leave a Reply

携帯アクセス QRコード