12月 14

Ike Turner - I’m Tore Upアイク・ターナーって、一般的にはティナ・ターナーの元夫で、暴力旦那とのイメージが強いでしょう。しかも、ドラッグの前科の為に来日しながら入国できなかったなんて事件もあったので、きつめの顔とともに悪役イメージがあるのではないでしょうか。

60〜70年代の「アイク&ティナ・ターナー」は一世を風靡しましたが、個人的には1950年代の “Kings Of Rhythm” の頃が印象的です。リバーブたっぷりのエグいギターに、トレモロアーム。思いっきり興奮させられます。高校生のときに買った、イギリスの海賊盤 “I’m Tore Up” は毎日のけぞりながら聴いていました。

12月12日、残念ながらお亡くなりになられたそうです。合掌。

CNN.co.jp
Star Exponent.com

トラックバックURL : http://www.musiquation.com/ngs/news/441.html/trackback
11月 29

小安田憲司 & SHINE-A-LITES

先日、無事にビリー・ブランチのバックを務めあげた旧友、小安田憲司のライブです。

メンバーを代えながら長年続けている “Shine-A-Lites”。

友だち甲斐もなく、まだ1回も見ていない・・・。12/1の土曜に渋谷の BLUE HEAT でライブです。今回こそ、なんとか!ただ月末月初の会社的には一番忙しい時期。でも負けるもんか!

こちらに最近の小安田氏を絶賛する記事が! 最近、ちょっとした売れっ子です。ライブの本数も増えています。みんなで見に行きましょう!

http://www.kanaloco.jp/lmcolumn/entry/kazuki3blues_gvo/

ちなみに他のライブハウスの口上には「日本のオーティス・ラッシュ、小安田憲司!」とあった。

本人曰く「い〜や、俺はコティス・ラッシュや」。

大ティス・ラッシュ?小ティス・ラッシュ??

トラックバックURL : http://www.musiquation.com/ngs/attention/400.html/trackback
10月 08

PLAYBOY 3大ギタリストを探せ!

夕食の帰りに、ちょっと本屋さんへよったら、「3大ギタリストを探せ!」という本の見だした目に止まった。
PLAYBOY誌の今月の総力特集ということで、「3大ギタリストを探せ!〜決定!これが部門別3大ギタリスト〜」が掲載されている。
思わず、本を買ってしまった。
しかも、PB特製ピック付き!

部門としては、
ブルーズ・ロック編、スライド・ギター編、ハード・ロック、ヘヴィ・メタル編、早弾きギタリスト編、プログレッシヴ・ロック編、ブルーズ編、チョーキング(顔弾き?!)ギタリスト編、セッション・ギタリスト編、バッキング編、歌えるギタリスト編、ジャズ編、フュージョン編となっている。
各部門の選ばれしギタリストに関してですが、まぁ、そういう選び方もあるのかもしれないけど、どうなの?っていうギタリストもいましたね。
ちなみに、ディアンは、ブルーズ・ロック編にランクインしてました。デレク・トラックスは、スライド・ギター編でランクイン、カルロス・サンタナは、チョーキング(顔弾き?!)ギタリスト編にてランクイン(^^*;
詳細は、皆さん、本屋さんで確かめてくださいね。

トラックバックURL : http://www.musiquation.com/ngs/mutter/294.html/trackback
10月 04

You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

誰?これ。

トラックバックURL : http://www.musiquation.com/ngs/youtube/275.html/trackback
10月 04

You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

感動しました。。。
すごいですね。
この人知りませんでした。
鳥肌立ちそうでした。
ありがとうございます。

トラックバックURL : http://www.musiquation.com/ngs/youtube/271.html/trackback
1 / 212

携帯アクセス QRコード

v