8月 30

IBANEZ GB-10Ito’s ギターコレクション第2弾!

「イバニーズ」時代のジョージ・ベンソン・モデルです。これを入手したのは、1984〜85年頃です。

私は何故か「TRAVIS BEAN」というネックがアルミで出来たギターを持っていました。ヘッドが重くならないよう、T字型にくり抜いてある凄いギターでした。しかし指板は木。相性が良いわけはなく剥がれて来るようになったので、友人の紹介で水道橋イケベ楽器の前田店長に頼み、委託品ということで店頭に出してもらいました。ところが買い手もつかず、そんなギターも忘れそうになった頃、「個人的にギターを交換したい人がいるんだけど」という話に乗り、先方が提示したギターがこれ。等価交換なのだがだいぶ得したようです。

送られてきた時に、ジュラルミンの重たい豪華角ケースにびっくり(昔はこのケースだったよう)。ネックもとても握りやすく、弾きやすさ抜群。ところが、ちょうどこの頃から音楽活動を辞めてしまい、結局アンプを通して弾かず仕舞い。

20年後にケースから取り出すと腐っていました。

このリアのピックアップはピックガードに直接取り付けられているタイプなのだが、長年の劣化でピックガードがもろもろになってしまい、触ると崩れてしまうような状況。かなり悲惨です。

なかなか良いギターなので、何とか復活させてやりたいです。必ずや!!

トラックバックURL : http://www.musiquation.com/ngs/instruments/75.html/trackback

6 Responses to “IBANEZ GB-10”

  1. 斉藤 智喜 Says:

    このギターは、僕も欲しかったギターでした。是非、復活させてくださいね。

  2. 伊藤 正純 Says:

    リアのPUは音が出ません。ピックガードはちょっとさわると崩れてきます。でもねぇ、ネックの太さ、弦高はバッチシなんですよ。
    いつかは、これでTボーン・ウォーカーの真似したいです。

  3. 工藤雅夫 Says:

    かっちょイイ!
    こういうの欲しいですっ!

    ピックアップとか、
    ペグとか、
    ブリッジとか、
    パーツで音が変わったり気持ちよくなったりするんですよね?

    今まで楽器自体には(何故か)殆ど興味を持っていなかったのですが、
    斉藤さんの影響か(悪魔のささやき)、
    最近、とくに気になってしょうがないです。

    今度、じっくりギター談義したいです。
    というか、教えてください♪

    伊藤さんにもお会いしたいです。

  4. 伊藤 正純 Says:

    いや、私も教えてもらいたいくらいです。なんせ20数年ぶりにギター再開したので。
    ブルース談義も行きましょう!

  5. 松宮史朗 Says:

    通りすがりの者です。お言葉ですがTravis Bean に関しては同意出来ません。
    私は現在53歳ですが、23から26、7にかけて、TBを持っていました。
    しかし、若かった自分はトーンが十分分からず、あまり使うこともないまま
    売りました。それからほとんど30年。先日、渋谷の楽器店で見つけ、
    何となしに弾かせてもらうと、その性能の高さにびっくり。即購入しました。
    価格は23万円。もともと製造本数が少ないため、現在アメリカではTBが
    奪い合いになっていて、相場は3000〜4000ドル。つまりアメリカでの
    相場よりかなり安かったのです。イバネスが悪いわけではないけど、
    Travis Bean は本当に素晴らしいギターだと言いたくて、これを書きました。

  6. 伊藤 正純 Says:

    > 松宮さま

    貴重なご意見ありがとうございます。
    そうですね、今となっては希少価値が高く、楽器店やオークションでもあまり見ることができません。
    私も当時は使いこなすこともなく手放してしまいました。
    年月が経って性能の良さを再認識されたとのことですが、とてもいい話ですね。
    末永く可愛がってあげてください♪

Leave a Reply

携帯アクセス QRコード