11月 01

GIBSON ‘57classic

EPIPHONE Riviera用にピックアップを入手した。

Rivieraは335のサブギターとして弾きやすさが気に入っている。ただし、生音は335以上に響くがアンプを通すとちょっと・・・。どうもピックアップは無名のものに交換されているようだ。と言うわけで、ヤフオクで落札したのがこれ。オマケということでFENDERのクロスとGIBSONのゴールドのブリッジも付けてくれた。

出品者の方のメールによると、GIBSON Custom Shopのスポット生産のレスポールから外したものらしい。そのレスポールとは、fホールのついたセミホロウボディのもので、ハウリング対策にDUNCANに換えたので不要になったとのこと。Oh! No!! やっぱり箱ものにはDUNCANなのでしょうか?まぁ、私のように335にDiMarzioのスーパーディストーション積んじゃう人もいますんで・・・。

NG’sの半田付けマニアである大江親方によると、セミアコの配線等は難しいらしいので、またシャーウッドギターワークショップにお願いすることになりそう。

トラックバックURL : http://www.musiquation.com/ngs/instruments/347.html/trackback

11 Responses to “GIBSON ’57Classic”

  1. 工藤 雅夫 Says:

    ふふふんん〜♪
    いいっすね〜

    先日、ギターマガジン別冊「ピックアップ・ブック」ってのを買っちゃいまして。
    半田付けに興味あります♪

    大江さん、ご伝授を。

  2. 伊藤 正純 Says:

    半田付けブラザース?

  3. 大江 公一 Says:

    工藤さん、いらっしゃ〜い!ネットで<半田付け ギター>などで検索すると、いろんなページがヒットするので、私は参考にしています。妻子が寝静まった真夜中に一杯やりながら作業するので、眠さと酔いで、よく手に火傷してます・・・・。

  4. 斉藤 智喜 Says:

    確かに、セミアコのシールディングは、面倒ですよね。
    基本的に、あのFホールからしか指とか入れられないんですからね。
    実は、僕も半田付けしてもらいたいギターがあるんです。
    自分でピックアップを半田付けしたんですけど、現在、ノイズだらけになってしまい、使い物にならないんです( iдi ) ハウー

  5. 伊藤 正純 Says:

    信頼のおける人にやってもらったほうが良いですよ。ウチの半田付けブラザースは、まだ修行の身です。

  6. 大江 公一 Says:

    ハンダの種類や付ける量。ポットやジャックの端子とワイヤーの密着状態。弦やブリッジとのアース状態などなど、チェック項目はいっぱいありますよね。さらにピックアップの健康(着磁)状態までくると、こりゃプロに任せたほうが無難という事になります。対象ギターの価値で判断されると良いと思います。私なら、76年のUSAプレベとかスペクターNS-2なら、さすがに自分では手は出さないと思います。話は変わりますが、新しく
    ナチュラルのジャズベを1本、組み上げました。次回のリハに持って行きます!

  7. 吉田 尚人 Says:

    半田付けは 私、得意です。オーディオのアンプを作っていたので・・・・・。

  8. 伊藤 正純 Says:

    今度は「半田付けトリオ」?

  9. Booker Ota Says:

    僕も半田付け得意です。コンソール用のパッチケーブルとか沢山作ってました。

  10. 伊藤 正純 Says:

    な、なんだこのバンドは。「半田付け友の会」か?

  11. くどう Says:

    今更ながらなんですけど・・・
    なんで付録が「Fender」のクロスなんですかね?

Leave a Reply

最近のコメント

携帯アクセス QRコード