10月 31

Champion600友人のPA/レコーディングエンジニアに確認したのですが、ハーピスト(妹Oさんとか8木さんとか)は大抵Fender Champion600 などの1ボリュームの小さなチューブアンプを持ってきて、あとはPAやスタジオマイクで拾っているそうです。で、1音吹きでノーマルに、3音吹きでドライブするような感じでセッティングしているとのことです。確かにこのアンプ名で検索するとスタンダードなツールなようです。ご参考まで>工藤ちゃん

トラックバックURL : http://www.musiquation.com/ngs/instruments/345.html/trackback

12 Responses to “BluesHarpの音出し”

  1. 伊藤 正純 Says:

    7kgということは、ギター2台より軽いですね。
    工藤ちゃん必殺の「ポチリ」が出るか!?
    http://www.watanabe-mi.com/shopping/AMP/04AMP/fender/Champion600.html
    残念、品切れ・・・。

  2. 工藤 雅夫 Says:

    伊藤さん、ありがとうございます!
    ほんとだ・・・どこも品切れですね。。。
    でも、同じ理屈なら、
    http://www.musiquation.com/ngs/instruments/175.html#comments
    これでも使えますかね?
    一応ダメもとで今度持って行きます!

  3. Booker Ota Says:

    投稿文の「Fender Champion600」 にリンク貼っておいたんですけど・・・、サウンドハウス(下記)なら在庫はありますよ。
    http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=337%5E233%2D0100%2D000%5E%5E
    フェンダーの30w(だったか)でもとりあえず用は足りると思います。でも、他がみな品切れなら音屋の在庫を押さえておいても良いかも・・・。

  4. 伊藤 正純 Says:

    妹尾さん、やっぱこのサイズ使ってますね。
    http://jp.youtube.com/watch?v=Lkje6oRH-7s

  5. くどう Says:

    大田さん、ありがとうございます!
    ポチリました。。。

    伊藤さん、機種は違うけど、やっぱりこういう感じなんでしょうかね。
    今度のスタジオで試してみます!

  6. 伊藤 正純 Says:

    背負子、ですかね。

  7. Booker Ota Says:

    太田です。妹尾さんのは古いChampかな。
    そのエンジニア(僕の作品も6割方を担当)が言うには、ハーピストのアンプは特にライブでは「1ボリュームであること」が大事だそうです。操作はシンプルだけど真空管アンプだから微妙にニュアンス(コンプ具合やドライブなど)を出せるんでしょうね、多分…。また、前述の二人とも(今年の現場では)マイクはShureの「細長い奴」か工藤ちゃんのと同じタイプを使っていたそうです。

  8. 伊藤 正純 Says:

    情報によると、背負子(実はリュック)も購入したようです。

  9. 工藤 雅夫 Says:

    情報ありがとうです。
    はい・・・「背負子」買いました。。。
    むき出しではあるけねーだろう〜って事で。

    おやじバンドは機材にこだわりがち?ですが、
    なにはともあれ、練習ですね。。。
    がんばりますっ

    太田さん、お気遣いありがとうございます。
    伊藤さん、暴露ありがとうございます(藁)。

  10. 工藤 雅夫 Says:

    明日届く予定です♪
    たのちみです〜

  11. 伊藤 正純 Says:

    工藤ちゃん、暴露することはまだ山ほどありますよね。

  12. 工藤 雅夫 Says:

    届きました!
    真空管アンプは初めての体験でしたが、
    これほどシンプルなのに、ボリュームのちょっとした加減で音が変わるんですね。。。

    伊藤さん、勘弁してください。。。

Leave a Reply

携帯アクセス QRコード