10月 15

シャーウッド・ギター・ワークショップ

何回か書かせてもらった、東久留米のリペアショップに10/13(土)に行ってきた。
店主の太田さんとは20数年ぶりのご対面となった。今回は335のオーバーホールとフライングVのナット交換。
林に囲まれた凄い環境のプレハブ工房に入ると、ギターが所狭しと並び、吊るしてある。よくよく見ると太田さんの好きなオールドのエピフォンあたりが無造作に飾ってあってビビってしまう。

私の335を見ると「おぉー!これは凄い!このネックは一生モノだね。逆反りしてるよー。今のギターは順反りばっかりでねぇ。ちょっとトラストを戻してやれば、それだけでOKだよ。いやぁ醤油漬けみたいないい色だね〜」。散々褒めちぎっていただき、嬉しくなってしまいます。フロントピックアップに不備が見つかったので、それもチェックしてもらうことに。話好きの太田さん、懐かしい話題が尽きず予定時間以上の長居をしてしまった。すいません、リハに遅刻です。

次回は半日くらい時間をとって行こうと思う。今はほとんどがアコースティックを扱っているようだが、何でもOKのよう。太田さんには似合わない(失礼)、スピッツの機材4本ほどがオーバーホールに持ち込まれていた。その向こうには浜田省吾のギターが。昔のギブソンやフェンダーのカタログを見ながら話題が尽きない。今度はビールでも持ってこようか。次回は太田さんの許可を貰って工房の中の写真を撮ってきましょう。

場所は西武新宿線の小平駅から小平霊園の中を突っ切って徒歩30分程度。帰りは暗くなるととても怖いらしい。でも、腕は抜群!

トラックバックURL : http://www.musiquation.com/ngs/instruments/299.html/trackback
10月 12

You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

シカゴブルースのバリバリのハーピスト、Billy Branchが来月やってきます。横浜のSTORMY MONDAYというライブハウスの15周年記念にも出演。

http://www.ss.iij4u.or.jp/~zukizuki/oshirase.htm

うわっ!た、高い!!

今回、バックでギターを弾くのが、その昔いっしょにバンドをやっていた小安田憲司。店が狭いので、このチャージでも赤らしい、とのこと。

昔のインタビューはこちら。

http://www.kiwi-us.com/~slim/billyinterview.html

トラックバックURL : http://www.musiquation.com/ngs/youtube/298.html/trackback
10月 11

You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

ということで、先日の投稿にあった、「大人の科学」のふろくに付いてきたテルミンminiでの演奏です。
あ!僕が演奏しているってわけじゃないんですけど、YouTubeに映像がアップされてたので・・・・・

トラックバックURL : http://www.musiquation.com/ngs/youtube/297.html/trackback
10月 10

ギターメーカー、米Gibson Guitar社には技術革新の歴史がある。
同社は、エレキギターのハムバッカー(ダブルコイル)式ピックアップを発明し、伝説的ギタリストLes Paulが開発した『Gibson Les Paul』ギターを世に送り出した。
そのGibson社が新たに、自動チューニング・システム『Powertune』を搭載するギターを売り出そうとしている。
このギターのヘッド部分にあるペグ(糸巻き)には、サーボ制御のモーターが組み込まれていて、モーターがペグを回して弦をチューニングする仕組みだ。

詳細は、WIRED VISION:自動でチューニングしてくれるギター、ギブソンから

いや、すごいですね。ペグが自動で回転してますよ。
上記記事には、YouTubeのビデオが掲載されていますが、デモは、レスポールではなく、ストラト使ってます
なぜ?
あ!これは、開発会社の「Powertune」というところのデモ・ビデオなんですね。

特殊なピックアップを装着するようで(RolandのMIDIギターのピックアップみたないもの)レスポールだとボディがアーチドトップになっているので、装着しずらいということがあったのでしょうかね。

ただ、僕的には、こんなシステムいらなーいって感じですね。

トラックバックURL : http://www.musiquation.com/ngs/news/296.html/trackback
10月 08

PLAYBOY 3大ギタリストを探せ!

夕食の帰りに、ちょっと本屋さんへよったら、「3大ギタリストを探せ!」という本の見だした目に止まった。
PLAYBOY誌の今月の総力特集ということで、「3大ギタリストを探せ!〜決定!これが部門別3大ギタリスト〜」が掲載されている。
思わず、本を買ってしまった。
しかも、PB特製ピック付き!

部門としては、
ブルーズ・ロック編、スライド・ギター編、ハード・ロック、ヘヴィ・メタル編、早弾きギタリスト編、プログレッシヴ・ロック編、ブルーズ編、チョーキング(顔弾き?!)ギタリスト編、セッション・ギタリスト編、バッキング編、歌えるギタリスト編、ジャズ編、フュージョン編となっている。
各部門の選ばれしギタリストに関してですが、まぁ、そういう選び方もあるのかもしれないけど、どうなの?っていうギタリストもいましたね。
ちなみに、ディアンは、ブルーズ・ロック編にランクインしてました。デレク・トラックスは、スライド・ギター編でランクイン、カルロス・サンタナは、チョーキング(顔弾き?!)ギタリスト編にてランクイン(^^*;
詳細は、皆さん、本屋さんで確かめてくださいね。

トラックバックURL : http://www.musiquation.com/ngs/mutter/294.html/trackback
4 / 71234567

携帯アクセス QRコード

v