7月 21

You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

James Cottomの、先日のビルボード・トーキョーでのライブに近いセットでの映像がYouTubeにアップされていました!

全部で4曲ほどアップされているようです。

音はかなりわれちゃってますけど、

あの巨体、座りながらのプレイなど、あの日の興奮が蘇りますね〜♪

トラックバックURL : http://www.musiquation.com/ngs/youtube/815.html/trackback

6 Responses to “James Cotton B.B.Tokyoの興奮蘇る”

  1. 斉藤 智喜 Says:

    ボーカルをやっている方のギターは、ゴールドトップなんですかね?
    見た感じ、Gibson 137みたいですね。

  2. 工藤 雅夫 Says:

    BBTで見たときの色はゴールドでしたね。
    ボリューム?のノブがひとつ取れていましたw

    137と135の違いは、テールピースでしたっけ?

  3. 伊藤 正純 Says:

    この時点でノブは無かったようですね。

    違うところでも書きましたが、ギター&ボーカルのスラム・アレン氏は江口弘史さんのお友だちだそうです。
    あの太い指でのビブラートはすごいね!
    CDも出してます。そこそこ中堅のブルースマンのようです。

    http://www.wild-rose.com/blues/slamallen/

  4. 工藤 雅夫 Says:

    江口さん、すごいお友達を!

    「Take_You_Downtown」ですかね?
    伊藤さんに借りた「Live and on the movie」のA面1曲目の、
    ウンパっウンパっウンパっ・・・のハープも、ちょっと苦しそうでした。。。
    往年だと24小節くらい続けて「ウンパっ」が、みごとな「裏」で続けていましたが、テンポも遅めに12小節で終わってます。。。

    しかし、すごい貫禄です。
    やっぱり背中のチャックから「綿」がはみ出ていそうですw

  5. 工藤 雅夫 Says:

    スラム・アレン氏のダウンストロークの三連もすごいですね・・・

  6. 伊藤 正純 Says:

    男は黙ってダウンピッキング!

Leave a Reply

最近のコメント

携帯アクセス QRコード