11月 21

Gibsonレスポール・ジュニアのダブルカッタウェイです。

これはフェイテッドで、オリジナルに比べてボディが薄く、塗装のフィニッシュは良い意味で薄く、悪く言えば手を抜いたような仕上げです。

ただ、そのためとても軽いです。

しかしながら、生で弾いてもボディからの音の鳴りはとても良いです。

ダブルカッタウェイのため、22フレット目まで無理なく弾けます。

それと、ブリッジがバーブリッジのせいもあってなのか、チョーキングがとても滑らかです。

普通のGibsonギターから比べればとても安価ですが、コストパフォーマンスはとても高いと感じています。

ピックアップはドッグイヤーのP-90が一つだけで 、ボリュームとトーンがひとつずつのシンプルさです。

最近はこいつばかり弾いています。
Gibson JR DC

トラックバックURL : http://www.musiquation.com/ngs/instruments/385.html/trackback

7 Responses to “Gibson Les Paul Junior Double Cutaway Faded WinRed”

  1. 斉藤 智喜 Says:

    うわ!こんなのも隠してたんだ・・・・
    ぼそ。。。

  2. 工藤 雅夫 Says:

    |(−∇−)| キコエナイ♪

  3. 斉藤 智喜 Says:

    ドッグイヤーのP-90っていうのは、どういう意味なんでしょうね?
    戌年のP-90ってこと?

  4. 工藤雅夫 Says:

    えっと、両端が「犬の耳」みたいに三角になっているのでそう呼ばれているようです。
    通称ってやつです。

  5. 斉藤 智喜 Says:

    あ!そうなんだw

  6. 伊藤 正純 Says:

    隠し事って胸が痛いでしょ。

  7. 工藤 雅夫 Says:

    秘密って胸がドキドキして楽しいです♪

Leave a Reply

最近のコメント

携帯アクセス QRコード