4月 10

Breakdown LiveVivid Sound 設立35周年記念で、あの”ブレイクダウン” のライブ盤(1980年録音)が再発されます。

とにかく凄いブルースバンドでした。
詳しい内容はこちらから

近藤房之助さん、服田洋一郎さんという好対照な個性際立つフロント2名。
森田恭一さんのベースは、我がNG’sの大江さんもよくコピーしてましたね。
ドラムの小川俊英さんは、日本一遅いブルースドラマーでした。あのドスローブルースは誰も叩けません。
ですので、これは岡地曙裕さんが入る前の録音ですね。

男臭さのムンムンするような、硬派ブルースバンドでした。
あんなバンドはもう出ないでしょう。
すばらしいライブバンド。音だけでも、ぜひ聴いてください!

ちなみに、発売時は “永井隆&ブルーヘブン”との2枚組でした。
このバンドも永井隆さん(vo),小出斉さん(g),チャールズ清水さん(key),小堀正さん(b),大平幹久さん(d)という凄腕バンドで、当時よく見に行きました。
LPでは、脱退したばかりの吾妻光良さんも加わって録音してました。こちらの再発はないのかな?

このライブ会場、下北沢のスーパーマーケットは当然もうありませんが、私も何回か出演させていただきました。
懐かしい会場です。

トラックバックURL : http://www.musiquation.com/ngs/attention/639.html/trackback

2 Responses to “BREAKDOWN Live”

  1. 大江 公一 Says:

    お〜っ、なつかしや!

    森田さんのベースプレイは、そこそこ重い音で軽やかに弾む感じのウォーキングベースが素晴らしかったですね。

    ぜひ、ライブ盤を入手して、一から勉強し直させていただきたいです。

    Fender USA ’78 JAZZBASS という強力なアイテムも手に入れたことだし・・・。

    あっ! 言っちゃった♪

  2. 伊藤 正純 Says:

    もっちゃんのベースは凄いですよ。
    ある本場のブルースマンのバックを務めたときのこと、平気で11小節や13小節でワンコーラスを終わらせるツワモノ相手に、何とかついていってました。
    普通は崩れてしまいますね。
    2回ほど、ご自宅にお邪魔したこともありますが、当方酔っ払っていて、何を話したのかまるで憶えていません。

    で、練習に身が入るお話も聞けたので、このCDを買って勉強しましょう!

Leave a Reply

最近のコメント

携帯アクセス QRコード