5月 15

Gibsonb ES-135 Cherry 1こちら、「Gibson ES-135 Cherry」です。写真では、柿色っぽく見えますが、実際には、写真よりワインレッドというか小豆色に近い色です。
4月くらいから、無性に欲しくなってしまいました。ただ、もう、生産されていないんですよね。
とはいっても、生産されていたのは、1990年から2003年までなので、ヴィンテージってことでもないし、元々、それほど高価なものではなかったので、今回の購入価格も高いものではありません。

現在、Gibsonで制作されているものは、ES-137というものがあります。
また、日本向けにメンフィスのカスタムショップにて、P-90がマウントされた、ES-135が作られています。(逆に言うと、日本でしか売れないってことですかね)

色はなんといっても、この「Cherry」がグッドです。


Gibson ES-135 Cherry 2このES-135には、P-100というピックアップが搭載されています。見た目は、P-90と同じなんですけど、コイルを2つ重ねノイズを減らしたハムバッキング構造になっています。

ホローボディのギターは、いいですね。

学生時代は、Navigatorの335タイプを使っていましたが、もっとソリッドな感じだったように記憶しています。
ES-135の方がボディが少々厚いのと、ブランコ・テールピースのせいでしょうかね。

まだ、ほんの数日ですが、弾いてみた印象としては、音の輪郭がはっきりしているって感じですね。
また、フロントのピックアップの音がなんともたまらくいいですね。
ただ、なぜか、1弦ので音が2弦、3弦と比べて音量が低い感じです。音圧がないというか・・・・・
このあたりは、メンテナンスでなんとかなるものなのでしょうかね?


Gibson ES-135 Cherry 3こちら、ヘッドのロゴです。Gibsonの「i」の点が左にずれてる・・・・
またまた、愚痴になってしまいますが、どうしてこういうところをちゃんとできないでしょうかね。もしかして、ニセもの・・・

なんか、現在のNG’sのサウンドには、このギターが合うように気がします。
ただ、まだ、スタジオなどで使っていないので、ハウリングが心配ですね。
ハウリングがひどいようだと、ライブなどでは、使えないですね(T_T)

週末のリハに持っていこうと思っているのですが、これ、2本用のギグバッグに入らないんですよ。
今週のリハが、スライド無しかな・・・・

トラックバックURL : http://www.musiquation.com/ngs/instruments/707.html/trackback

19 Responses to “Gibson ES-135 Cherry”

  1. くどう Says:

    うぉっ!
    いいっすね〜

    >フロントのピックアップの音がなんともたまらくいいですね。

    よさげですね!
    弾いていて気持ち良さそうですね。

    ロゴは、なんでしょう?
    ちと、変ですよね。
    伊藤さんが詳しそうですが。。。

  2. 伊藤 正純 Says:

    うらやましいですね。
    リハで弾かせてくださいね。

    95年製でしたっけ?この頃のギブソンはどうでしょう?
    かなり量産体勢にはなっているとは思いますが。。。本人が音を気に入ってGibsonのロゴ入りなら万々歳でしょう。

    35年来、ブランコテールピース使ってますが、ストップより甘めというか丸いというか、ハマるとやめられません。
    ただ・・・・弦が切れたらアウトです。収拾がつきません・・・。
    何度も悲しい目に遭いました。でも止められません。

    で、135ならハウリングは問題ないと思いますよ。

  3. 斉藤 智喜 Says:

    やっぱり、ハウっちゃいましたね。
    どうも、リアのピックアップが暴れん坊のようです。

  4. 伊藤 正純 Says:

    歪みをもうちょっと抑えればどうでしょう?

  5. 大江公一 Says:

    5月17日のリハーサルの音を聴きました。ブルースナンバーでの雰囲気がグッと上がって良いですね!特にベースがないので、二つのギターの音がクリアで気持ち良いです。あれっ?これでいいのかしら?うーん(・_・;)

  6. 伊藤 正純 Says:

    ピックアップ、P100ですよね。普通に聞けばP90の音色。
    いいですね、いいですね。

    ほほほほほ。

  7. 斉藤 智喜 Says:

    >特にベースがないので、
    大江さん、リハの当日は、ほんとに、たいへんでした。
    メンバーのみんなが、ベース無いとたいへんだねーと口々に。
    いやー、ベースの重要性を再認識したリハーサルでしたよ。

    >P100ですよね
    やっぱり、135使いたいですね。
    次回のリハで、もう一回、挑戦してみようと思っています。

  8. 伊藤 正純 Says:

    大江さん、リハサウンド聞いたんですよね。

    みんなで、ベースのパートを何とか埋めようと必死な姿が見えるようでしょ?
    ということで、個人練習も宜しくお願いします。

  9. 大江 公一 Says:

    皆さん、いろいろと、ご迷惑おかけしております。次回のリハは何が何でも参加するつもりで、毎日、終電まで頑張っております。次回はSpaceWithを見据えたつもりで、エレアコ・ベースを試してみようと思うのですが、いかがでしょうか?2回目ですし、ちょっと
    雰囲気を変えてみると、お客さんも喜ぶかなと・・・・。多分、ソリッドの方と2本持っていく体力は残ってないと思いますので、音が合わない曲があったらゴメンナサイ。

  10. 斉藤 智喜 Says:

    ということは、次回のリハーサルは、弦楽器は全部fホールありってことですね。

    ハウリング対策思案中・・・・
    フルアコのハウリング対策 / Ikakoo Gathering

    2006年2月の特集/GIBSON ES-335’1967

  11. 伊藤 正純 Says:

    スポンジ&下敷き、というのはよく聞きますね。
    私の335はハウリングとはほぼ無縁でしたので、あまり気にしたことがありません。
    ジョージ・ベンソン・モデルがやばいかな?フラマスはライブでハウリまくって随分と泣きました。
    いい対策がわかったら発表してください。

  12. 斉藤 智喜 Says:

    近くのオリンピックでスポンジを買ってきました。
    ちょっとやってみようかと思ったんですけど、fホールのところが、割れそうで怖い。
    時間をしっかり取って、落ち着いてやらないとキケンですね(^^;

  13. 斉藤 智喜 Says:

    スポンジのカッティングで、失敗しました。
    ( iдi ) ハウー

  14. 大江公一 Says:

    斉藤さん、ハウリング対策、何か大変そうですね。私のエピフォンがリハ当日ハウった時は、是非、ご教授お願いいたします。また、ロングスケールのアコベは弦のテンションコントロールが出来ないので弾くのが難しいですね。ちょっとアタックを強くすると、すぐビビってしまいますヾ( ´ー`)。

  15. 斉藤 智喜 Says:

    >ロングスケールのアコベは弦のテンションコントロールが出来ないので
    Epiphone El Capitanですか?
    ブリッジの交換しないと、だめですかねー。

  16. 大江公一 Says:

    ウッドのブリッジで駒調整のできるやつは無さそうですね。たぶん、指先の微妙なタッチ具合で弾きこなすベースなのかもしれません。うーん、テクニックが追いつかんかも…(-o-;)

  17. くどう Says:

    私的には、このギターの音が今まで一番好きです。
    いいっすね〜

  18. LloydIzgtpjz Says:

    I see your blog needs some fresh & unique articles.
    Writing manually is time consuming, but there is solution for this hard task.

    Just search for: Miftolo’s tools rewriter

  19. ロレックススーパーコピー Says:

    誠実★信用★顧客は至上
    在庫情報随時更新!
    人気最新品┃特恵中┃☆腕時計、バッグ、財布、ベルト、アクセサリー、小物☆
    商品数も大幅に増え、品質も大自信です
    低価格を提供すると共に、品質を絶対保証しております
    ご注文を期待しています

Leave a Reply

携帯アクセス QRコード